知っておきたい法律

HOMEアフィリエイトの実際 > 知っておきたい法律

知っておきたい法律

アダルトサイトというのはルールも何もなさそうな無秩序な世界のように感じます。

しかしながら、このようなウエブの世界でもちゃんと法律上の制限を受けることになります。

運営はそんなになんでもありのものではないのです。アダルトサイトを運営するに当たって、基本的な法律、また、注意点などを確認しておいたほうがいいでしょう。

まず、なんといってもアダルトサイト自体、18歳未満は閲覧禁止となっています。

良く聞く、誰でも知っているような基本事項です。

どのようなアダルトサイトにも、トップページに年齢認証をおくようにこうせいされていることがおおいようです。

これとは別に、21歳未満禁止というアダルトサイトもありますが、あれはアメリカの法律が21歳未満はアダルトサイトの閲覧が禁止なのでそれにあわせたものです。

厳密にいうと無修正などの、日本では禁止だけどアメリカでは合法なものを宣伝する場合には、そこの国の法律基づいて宣伝しているということを示すために21歳未満は禁止にしたほうが意味としては合っている気がします。

また、無修正画像、動画の公開は禁止とされています。

これもよく知られていることです。無修正画像や動画はたとえ海外のサーバーにアップロードしたとしても、日本国内に住む人がアップロードすると日本の法律によって処罰されることになるので気をつけましょう。

局部にモザイクをかける必要があります。

さらに、無修正サイトにリンクすることについてですが、自分のサイトでは無修正画像を掲載しなくても、無修正を掲載しているサイトにリンクすることは解釈によっては違法の可能性があります。

いわば黄色信号を渡っているような感じなわけです。避けたほうがいいのではないでしょうか。

また、18歳未満の子供のポルノ画像なども公開は禁止とされています。

いわゆるロリータやペドフィリアとよばれる分野ですが、この辺の法律は日本のみならず、世界的な規制が厳しくしかれています。

児童ポルノサイトにリンクをしただけでサイト管理人が逮捕されるという事例もあります。

たとえば、あなたが画像を掲載できる掲示板を持っている場合は特に気をつける必要があります。

画像掲示板自体が違法なわけではありませんが、今後は無修正などの画像をアップされた場合には速やかに削除などの対応をとる必要があります。

盗撮サイトについてですが、盗撮防止法なる法律が制定されました。

出会い系は18歳以上限定となっています。援助交際などの温床になるとして、法律ではいわゆる出会い系サイトにおいて18歳未満の利用を禁止しています。

アフィリエイトをするなかで出会い系のサイトの広告をすることがあると思いますが、そういったサイトを広告するさいには18歳以上限定という文面を説明文のなかに組み込むようにしましょう。


Copyright(c) 2019 アダルトアフィリエイト入門. All Rights Reserved.