不正請求対策

不正請求対策

アダルトサイトを徘徊しているといろいろな危険に遭遇します。

電話や手紙、はがきで金銭を振り込ませようとする、振り込め詐欺が社会問題になっています。

不正請求を行う悪質な行為のひとつですが、不正請求はインターネットの世界でも、もちろんあります。

たとえば架空請求といったものです。インターネット上の有料サイトを利用した事実がないのに、有料サイトを利用したかのような文言のメールを送り付け、メールを受け取った人をだまして金銭を振り込ませようとするものです。

一刻も早く支払い処理を済ませてくださいのような恐怖心を煽るような文言が特徴です。

また、不当請求も不正請求のひとつです。

インターネットの有料サイトを利用する前に、料金・規約等について明確な説明がない、または事実と異なる説明によりクリックを促し、リンク先の画面で即座に契約完了といった内容を表示させて、金銭を振り込ませようとする行為のことです。

別名はワンクリック詐欺と言われています。

不当請求には2パターンあります。まず、無料と表示されたサイトを利用した覚えがある場合ですが、無料と表示されたサイトを利用した場合には、その登録料や利用料を支払う根拠はありません。そこの自信を確かにもってください。

利用料金等は、サイト運営者と利用者との間に発生するものであり、無料と思って利用したのですから、全く気にしなくていいのです。

アクセスしただけでは、利用料等が発生することはないのです。無料と思って利用した場合、請求者に対しては、無料と認識していたと告げれば全く問題なく、支払いを拒絶できるのです。

実際には有料と知って利用していながら、虚偽の申し立てをして支払い義務を逃れようとする悪質な利用者が出てこないとも限りません。

あくまでも正直な消費者は、不当請求に屈しないようにして欲しいものです。

有料サイトを利用したことがある場合ですが、有料サイトを利用したことがあり、そのサイトからの請求であっても、あらかじめ合意した内容の請求であるかどうかの確認をしましょう。

合意の内容がわからなければ、具体的に請求の明細などを知らせるように要求して、不当であれば、その支払いに応じてはいけません。

請求しているところが、本当に、請求権を有しているところであるかどうか、確認しましょう。

調査料や事務手数料、遅延損害金などの請求があったとしても、消費者契約法9条2号により、「年14.6%を越える金利」を払う必要はありません。


Copyright(c) 2019 アダルトアフィリエイト入門. All Rights Reserved.